ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

(受付時間:9:00 〜 17:00)

0294-52-1211

ラフィングエンドミルの特徴とは? service

ラフィングエンドミルの特徴とは?

切削現場で多く使用されているラフィングエンドミル。当社の再研磨工具の中でも、最も再研磨する数の多い工具の1つと言えます。

ラフィングエンドミルの特徴は、何と言ってもその波打つ外周刃で、びびりに強い、切りくずの排出性が高い、切削抵抗が抑えられる、切削油の浸透性が高い等のメリットがあります。

しかしラフィングエンドミルにもデメリットはあり、再研磨して何度も使用することは可能ですが、そこにも条件があります。当社ではラフィングエンドミルの再研磨事例も多数ございますので、お客様の工具や加工条件にあわせたカスタム再研磨を行っております。

ここでは、ラフィングエンドミルの特徴から通常のエンドミルとの違い、メリット・デメリット、再研磨方法、さらには当社のラフィングエンドミルの再研磨事例まで、まとめてご紹介いたします。

 

 

ラフィングエンドミルとは?

ラフィングエンドミルとは外周の刃が細かく波打っているエンドミルで、ラフィング(roughing cut=粗削り)と名が付く通り粗削り専用のエンドミルです。

ラフィングエンドミルの種類は、通常のエンドミル同様に、不等分割、不等リード、コーナーR、コーナーCなど様々な種類があります。

ラフィングエンドミルの特徴とは?

 

 

ラフィングエンドミルと通常のスクエアエンドミルの違い

ラフィングエンドミルの外周の逃がし面は軸方向に波打っていますが、すくい面には波がなく、底刃なども通常のエンドミルとあまり変化はありません。

そしてこの波打つ外周刃がラフィングエンドミルの強みです。

 

 

ラフィングエンドミルのメリット

ラフィングエンドミルのメリットは、主に下記の4つです。

  1. びびりに強い
  2. 切りくずの排出性が高い
  3. 切削抵抗が抑えられる
  4. 切削油の浸透性が高い

 

1,びびりに強い

ラフィングエンドミルの波状の刃は、すくい角によって回転方向にもその波状が影響します。そのため、等リードであっても細かな不等ねじれや不等リードの状態になり、びびりが発生しにくくなります。

 

2,切りくずの排出性が高い

波状の刃の影響で切り屑が分断されて細かくなるため、排出性が高くなります。

 

3,切削抵抗が抑えられる

ラフィングエンドミルは波状の山の先端が切削するため、通常のエンドミルと比較して刃1枚あたりの被削材と接触する範囲(距離)が短くなります。そして距離が短い分切削抵抗も比例して、通常のエンドミルより抑えることができます。

 

4,切削油の浸透性が高い

上図のように、波状の谷の箇所が被削材との隙間ができやすいため、切削油が浸透しやすく潤滑作用や冷却作用が高くなります。

 

 

ラフィングエンドミル1本では仕上げまではできない

このような利点の多いラフィングエンドミルですが、波打つ刃のため切削面が荒くなります。そのため、別の通常のエンドミル等での仕上げ工程が必要になります。

しかし、仕上げの工程を1つ追加してでも、ラフィングエンドミルでの粗加工のメリットは高く、再研磨.comを利用頂いているお客様でも、たくさんのラフィングエンドミルの再研磨依頼を受け賜わっております。

 

 

ラフィングエンドミルの再研磨方法について

ラフィングエンドミルの波打つ外周逃げ面を再研磨することはできません。

しかし、すくい面は通常のエンドミルと同じなので、外周刃の摩耗や欠けが無くなるまですくい面(刃裏)を研いで追い込んでいきます。

 

 

ラフィングエンドミルの再研磨事例

続いて、実際に当社が行ったラフィングエンドミルの再研磨事例をご紹介いたします。

 

【先端16mm4枚刃コーナーR 超硬ラフィングエンドミルの再研磨】

先端16mm4枚刃コーナーR 超硬ラフィングエンドミルの再研磨

こちらは当社で手掛けた、先端16mm4枚刃のコーナーRラフィングエンドミル再研磨事例の一つです。

ラフィングエンドミルの波打つ外周刃の逃げ面は再研磨できないためすくい面と、コーナーR付きの底刃を再研磨しています。

>>詳しくはこちら

 

【先端12mm4枚刃コーナーR 超硬ラフィングエンドミルの再研磨】

先端12mm4枚刃コーナーR 超硬ラフィングエンドミルの再研磨

こちらは当社で手掛けた、先端12mm4枚刃不等リード不等分割、コーナーRラフィングエンドミル再研磨事例の一つです。

ラフィングエンドミルの波打つ外周刃の逃げ面は再研磨できないためすくい面と、コーナーR付きの底刃を再研磨しています。

>>詳しくはこちら

 

【先端16mm4枚刃コーナーR 超硬ラフィングエンドミル(弱ねじれ)の再研磨】

先端16mm4枚刃コーナーR 超硬ラフィングエンドミル(弱ねじれ)の再研磨

こちらは当社で手掛けた、先端16mm4枚刃のコーナーRラフィングエンドミル再研磨事例の一つです。ラフィングエンドミルの波打つ外周刃の逃げ面は再研磨できないためすくい面と、コーナーR付きの底刃を再研磨しています。

>>詳しくはこちら

 

【先端16mm 超硬 ヘッド交換式4枚刃ラフィングエンドミルの再研磨】

先端16mm 超硬 ヘッド交換式4枚刃ラフィングエンドミルの再研磨

こちらは当社で手掛けた、先端16mmのヘッド交換式ラフィングエンドミルの再研磨事例の一つです。粗削り用のラフィングエンドミルのコーナーはギャッシュを当てた「あたり付き」にしてあります。

>>詳しくはこちら

 

【ヘッド交換式ラフィングエンドミルの再研磨】

ヘッド交換ラフィングエンドミルの再研磨

こちらは当社で手掛けた、Φ16ヘッド交換式ラフィングエンドミルの再研磨事例の一つです。径の変更不可とのご依頼を頂き、使用部分をカットして再刃付けしました。

>>詳しくはこちら

 

【ラフィングエンドミルの再研磨】

ラフィングエンドミルの再研磨

こちらは当社で手掛けた、ラフェングエンドミルの再研磨事例の一つです。外径寸法を変えたくないとのご依頼でしたので、使用されている1.5mmほどをカットして再刃付けしました。

>>詳しくはこちら

 

【ハイスラフィングエンドミルの再研磨】

ハイスラフィングエンドミルの再研磨

こちらは当社で手掛けた、ラフィングエンドミルの再研磨事例の一つです。

こちらのエンドミルは外周カケが大きく、その分再研磨で落とす必要がありました。
刃具の保有数は必要になりますが刃具の交換頻度を上げ、大きなカケが発生する前に再研磨すると1本あたりの刃具寿命(再研磨不可能になるまで)が延び結果的にコストダウンにつながります。

>>詳しくはこちら

 

【不等リードラフィングエンドミルの再研磨】

不等リードラフィングエンドミルの再研磨

こちらは当社で手掛けた、不等リード先端径12mm、コーナーC面付きラフィングエンドミルの再研磨事例の一つです。

こちらのお客様はエンドミル外径を変えたくないとのことでしたので
使用した長さまでをカットして底刃、C面を付けました。

>>詳しくはこちら

 

 

公式LINE開設!再研磨で気になることをすぐに聞けて、簡単見積もりがさくさくできる!

再研磨 .comを運営する株式会社宮本製作所は公式LINEを運営しております!

 

こちらの記事をお読みの方で、下記のようなお悩みはございませんか?

「再研磨に関してちょっと気になることがあり、相談したい・・・」

「再研磨の技術について、もっと詳しくなりたい!」

「概算でいいので、すぐに見積もりを出したい・・・」

これらのお悩みを宮本製作所の公式LINEが解決いたします!

 

再研磨 .comの公式LINEでは「いつでもどこでも気軽に相談可能」と「さくさく簡単に見積もり診断可能」を主なコンセプトにコンテンツをお届けしています。

①いつでもどこでも気軽に相談

「この工具も再研磨できるのだろうか…」「再研磨すべきタイミングはいつなのか…」「サイトに掲載してある内容についてもっと詳しく聞きたい」など、ふとした疑問や日頃のお悩みをチャットにてお送りください!担当者より個別に回答させて頂きます。

 

②さくさく簡単に見積もり診断

LINEプロセス5

LINE限定の機能として「見積もり診断」があります。「この工具を再研磨に出すといくらくらいかかるのかな、、、」といった疑問に対し大体の概算がLINE上でわかります!

更に詳細を知りたい場合は、個別対応も可能です。

 

再研磨 お見積りの流れ

工具の写真、型番、お見積りの本数をお送りいただくだけで、お見積りが可能です。

 

また、友達追加をしていただいた方限定で【再研磨1本無料サービス】をお届けします!

友達登録後にバナーが出てきますので、ご希望の方はクリックください。

 

お客様の再研磨に関するちょっとしたお悩み・ご相談、より簡単になった見積もり診断を中心に、再研磨に関するお役立ち情報を発信してまいります。

ぜひお気軽にLINEの友達追加をしてください!

※友達追加はQRコードを読み込んでいただくことで、10秒ほどで簡単に追加可能です。

友だち追加

>>今すぐ友達追加はこちらから

>>公式LINE詳細はこちらから

 

 

ドリルの寿命診断&再研磨は、再研磨.comにお任せください!

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、焼結金属と呼ばれる非常に硬い素材の加工を行っており、その過程で得た加工に関するノウハウを活かし、工具の再研磨を行っています。

再研磨.comでは、ドリルやエンドミル、リーマ等の切削工具を高い品質で再研磨するため、最新の加工設備や検査設備を取り揃えています。当社の再研磨は、職人が手作業で行う再研磨とは異なり、繰り返しの精度が高い、安定した品質での再研磨加工を可能としています。

>>再研磨工具の品質保証サービスはこちら

 

当社は、お客様が使用済みの工具を再研磨加工することで、刃物そのものの延命化を実現します。一般的に再研磨のコストは、工具購入コストの1/5~1/10程度です。そのため、お客様のコスト削減に大きく貢献することができます。

また、従来の切削では無理があった箇所を修正し、負荷を軽減することで、より多くの切削が可能となる刃物を提供します。ただ工具を再研磨するだけでなく、作業の効率化を図ることができる低コスト工具の提供を行っています。

さらには規格品よりも、高精度の加工をより少ない工程で加工を実現する工程集約工具への改造にも対応しています。

>>工程集約!特注改造工具の開発サービスはこちら

 

 

【再研磨の匠にしかできない技を、貴社の刃物に】

切削加工会社である当社が、片手間で行う事業ではなく、工具研磨専用の加工設備・検査設備を取りそろえておこなっている、本気の再研磨です。そのため、どこにも負けない品質で工具の再研磨加工を行うことをお約束いたします。当社は、「再研磨の匠にしかできない技を、貴社の刃物に。」を合言葉に、一本一本の再研磨に魂を込め、お客様を“工具”からサポートいたします。

ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を検討されている方は、まずは再研磨.comへお気軽にご相談ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。