再研磨
コスト削減事例ハンドブック
無料お試し研磨

刃こぼれをしたエンドミル、ドリル、リーマを、元に戻し再び使える
ようにする再研磨。しかし、再研磨はそれだけではありません。
再研磨.comの提案する再研磨は、加工する素材、加工の仕方を
見た上で、新たな刃の形を提案。それによって生産性、
効率アップが見込めます。再研磨から、工場の利益を作り出す。
それが私たちのコンセプトです。

刃こぼれをしたエンドミル、ドリル、リーマを、元に戻し再び使えるようにする再研磨。

刃こぼれをしたドリルやエンドミル、リーマを他の刃物を研ぎます。もう使わないと思っていた刃物を蘇らせることもできます。

切削する素材と加工方法を踏まえて最適な刃を研ぐ。

改造によって無理のない加工が実現。刃こぼれがおきにくくする。

最適な刃の形にすることで、作業効率化を実現。コスト削減に繋がる

我々が切削メーカーだからこそわかることがある。痒いところに手が届く提案をします。

日々の作業がノウハウへと変わる。我々の切削ノウハウを貴社の刃物に注ぎます。

切削部門では大手上場企業の厳しいチェックもクリアする品質。切削だけでも一流です。

切削の匠が38名所属。数多くの匠が協力し、貴社に最適な刃物を提案します。

「なかなか刃こぼれしない」「コスト削減に繋がった」お喜びの声を多数頂いています。

再研磨.comのメインとなるドリル・エンドミル・リーマの改造。お客様の作業内容、砂上状況からドリル・エンドミル・リーマを改造し、工程に合わせた刃物を作り上げることで、作業効率アップ、コストカットをご提案します。
再研磨.comでは改造に限らず、ドリル、エンドミル、リーマの通常の再研磨もお受けしております。ドリル、エンドミル、リーマの刃物を延命化させることがコスト削減の第一の取組みでもあります。急ぎで研磨が必要な場合も対応可能です。匠の技にお任せください!
棒材から刃物を切り出すことで、刃物の購入コストを大幅削減。改造で作成した貴社オリジナルの刃物のも製作では大量生産することが可能です。「専属の刃物工場」として貴社のコスト削減にご協力させていただきます。
コスト削減事例ハンドブック

再研磨.comとは

自社で大手有名メーカーの切削部品の製造を生業とし、そこで発生した刃先が欠けた刃物を自社で再生をしていることを発端として生まれた、再研磨のプロ集団です。刃具を研ぎなおすだけではなく、工程削減をはじめとする自社のコスト削減ノウハウが貴社の刃具の再生やコスト削減にお役に立てることと思います。

改造と再研磨

再研磨.comでは、ドリル、エンドミル、リーマの刃物を研ぎなおす再研磨と現状工程を踏まえドリル、エンドミル、リーマの形状を変化させる改造の二つのご提案をさせていただいております。ドリル、エンドミル、リーマの刃先が欠けたとき、どうされていますか?捨ててしまっているのならば、是非、再研磨.comにご依頼ください。最大で40回程度の再生が可能です。また、刃物のコスト削減は限界だとお思いの方も、再研磨.comにご相談ください。刃具の形状を変えることでコスト削減、歩留まり改善、作業時間削減といったより大きな視点でのコスト削減をご提案させていただきます。

ドリルの再研磨、改造

ドリルの形状、ドリルの径、ドリルの状態を踏まえ、工程に合わせてドリルを改造、再研磨させていただきます。欠けてしまったドリルを見せてください。ドリルの一部分だけ毎回欠けていたりしませんか?そのような場合は、ドリルの一部分に負荷がかかっている証拠です。その部分の原因を突き止め、ドリルの形状を少し変えるだけでも、ドリルがかける頻度は大きく変わります。是非、再研磨.comにご相談ください!

エンドミルの再研磨、改造

エンドミルもドリル同様、エンドミルの形状、エンドミルの径、エンドミルの状態を踏まえ、工程に合わせてエンドミルを改造、再研磨させていただきます。欠けてしまったエンドミルを見せてください。エンドミルの一部分だけ毎回欠けていたりしませんか?そのような場合は、エンドミルの一部分に負荷がかかっている証拠です。その部分の原因を突き止め、エンドミルの形状を少し変えるだけでも、エンドミルがかける頻度は大きく変わります。是非、再研磨.comにご相談ください!