ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

(受付時間:18:00 〜 17:00)

0294-52-1211

再研磨.com 用語集Vocabulary

シンニング

用語解説

シンニングとは、ドリルの底刃に設ける溝をいいます。

ドリルの先端部のチゼルエッジ部は切れ刃がなく物(被削材)に穴を開ける際に切れ刃がないため先端で押す作用しかできません。そのため食込みが悪く、抵抗も高くなり、ウェブ厚の小さいドリルは振られてしまい穴位置の精度が落ちることもあります。(刃具先端のウェブの太さを芯厚と言います。)

 

そのため、チゼルエッジ部にシンニング(溝)を付け、角度は小さいですがすくい角が付き切れ刃ができて、切り屑の排出もできるようになり食い付きをしやすく、抵抗を抑え安定した穴加工ができるようになります。

シンニングの種類は、形状からXシンニング、Rシンニング、Sシンニングなど種類がいくつかありますが、多くはXシンニングが採用されています。

 

また、ドリルでいうシンニングは、エンドミルでいうとギャッシュと呼ばれますが、ドリルよりもウェブ厚が太いエンドミルでは、底刃で切削する際に切り屑の排出などの役目を果たす重要な要素となります。

 

【シンニングに関する工具再研磨 事例】

φ2.9スパイラルドリルの再研磨(エアロラップ処理)

スパイラルドリルの再研磨(エアロラップ処理)

スパイラルドリルの再研磨

円錐ドリルの再研磨

Φ12リーディングドリル 再研磨

 

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を行っております。当社は、「切れ味の悪くなった工具を元の工具と同等もしくはそれ以上に“切れる”刃物とする」というポリシーのもと、コスト削減を刃物から実現することにあります。

切削工具の再研磨を検討されている方は、お気軽に再研磨.comにご連絡ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。