ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

お気軽にご連絡ください。

0294-52-1211

再研磨.com 用語集Vocabulary

ホーニング

用語解説

ホーニングとは、ドリルの刃先を鈍角にする研磨方法をいいます。(※ネガランドとも呼びます)

刃物は刃先が鋭利であればあるほど切れ味がよいですが、そうなると刃先の剛性が落ちてカケが発生しやすくなります。 そこであえて刃先を殺す(鈍角にする)ことで欠けを抑えることができます。
しかし、ホーニングは切削抵抗を高めるため、ホーニング幅が大きすぎると穴加工の際に食い付きが悪くなったり、びびりが生じることもありますので出来るだけ小さく付ける必要があります。

硬い被削材をドリル加工する場合、ドリル刃先がすぐボロボロになってしまうときはホーニング処理することをおすすめします。

超硬のドリルでもダイヤモンドヤスリで手作業でホーニング処理を施すことも可能ですが、その際はホーニング幅にバラつきがないように注意して施します。

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を行っております。当社は、「切れ味の悪くなった工具を元の工具と同等もしくはそれ以上に“切れる”刃物とする」というポリシーのもと、コスト削減を刃物から実現することにあります。

切削工具の再研磨を検討されている方は、お気軽に再研磨.comにご連絡ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。