ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

お気軽にご連絡ください。

0294-52-1211

再研磨.comへ よくある質問Question & Answer

超硬ドリルを再研磨に出すべきタイミングを知りたいです。

Q
超硬ドリルを再研磨に出すべきタイミングを知りたいです。
A

目視で確認できるほどの大きなカケや摩耗がある場合は再研磨が必要ですが、それだけではなく、加工中に普段とは違う形の切り屑が出たり、異常音や加工面に筋が入ったり荒れなどが発生した場合は、刃先に何らかの異常があると判断できます。

また、一見、目視ではわからないような小さな摩耗は刃先への光の当て具合によって光が摩耗して刃先が丸まった部分に反射してやや太い線に見えることがあります。そうなると刃先が摩耗していると判断できますので、そのタイミングで再研磨に出すと再研磨量も少なく刃具自体が長く使えます。

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を行っております。当社は、「切れ味の悪くなった工具を元の工具と同等もしくはそれ以上に“切れる”刃物とする」というポリシーのもと、コスト削減を刃物から実現することにあります。

切削工具の再研磨を検討されている方は、お気軽に再研磨.comにご連絡ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。