ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

お気軽にご連絡ください。

0294-52-1211

再研磨.comへ よくある質問Question & Answer

面取りドリルの再研磨におけるポイントを教えてください。

Q
面取りドリルの再研磨におけるポイントを教えてください。
A

面取りドリルの再研磨におけるポイントは、下記の3点です。

  • 逃がしを円錐で施す場合、逃がし面が被削材に当たらないように角度を付ける。
  • 再研磨を繰り返したため溝の高さがなくなり、すくい面がマイナス方向(ネガ刃)になると切れ味が落ちるので注意。
  • リーディング兼用の場合はシンニングを付けると位置精度が向上する。

実際に面取りドリル(カウンターシンク)の再研磨を行った事例がこちらです。
>>先端角度90°カウンタ―シンクの先端再研磨

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を行っております。当社は、「切れ味の悪くなった工具を元の工具と同等もしくはそれ以上に“切れる”刃物とする」というポリシーのもと、コスト削減を刃物から実現することにあります。

切削工具の再研磨を検討されている方は、お気軽に再研磨.comにご連絡ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。