ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

お気軽にご連絡ください。

0294-52-1211

再研磨.comへ よくある質問Question & Answer

ステップドリル(段付きドリル)の再研磨におけるポイントを教えてください

Q
ステップドリル(段付きドリル)の再研磨におけるポイントを教えてください
A

ステップドリルの再研磨におけるポイントは、下記の3点です。

  • ステップ角(ステップの肩の刃)の研磨は取り残し(凸部)が無いようにある程度奥まで砥石を送る。
  • ステップ角の刃の3番は逃がしを2番より大きくとるために、シャンク方向に逃がすように研磨する。
  • ステップ角の研磨に使う砥石は摩耗していると角度にズレが生じるため摩耗がないことを確認する。

実際に再研磨.comでは、ステップドリルの再研磨を行った事例を紹介しております。
例えば、穴加工と面取りを同時に加工する 11m × 14mm のステップドリルでは先端(底刃)とステップの肩部分(60度)を再研磨いたしました。

>>【再研磨事例】超硬ステップドリル

 

ステップドリルの再研磨をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を行っております。当社は、「切れ味の悪くなった工具を元の工具と同等もしくはそれ以上に“切れる”刃物とする」というポリシーのもと、コスト削減を刃物から実現することにあります。

切削工具の再研磨を検討されている方は、お気軽に再研磨.comにご連絡ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。