ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

お気軽にご連絡ください。

0294-52-1211

再研磨.comへ よくある質問Question & Answer

リーマは、何回まで再研磨できますか?

Q
リーマは、何回まで再研磨できますか?
A

1回の再研磨は摩耗状況によって研磨量が変わります。摩耗、欠けが大きければその分取り除く必要が御座います。
そのため”再研磨できる回数”ではなく”再研磨できる範囲”でご説明させて頂きます。

リーマの再研磨は通常、外径が変化してしまうため外周刃の研磨はせず、使用した深さ(刃長)をカット等をして除去します。また、リーマはドリルとは違い、切り屑の量も少ないため、有効長̠−加工穴長さ=再研磨代+α(α=干渉防止やわずかな切り屑排出に数ミリ・通し穴の場合は先端の抜けの長さ)と考えることもできますが、リーマの外周刃には切削抵抗を抑えるための逆テーパーがほんの僅か付いているため、再研磨して刃長が短くなるにつれて、径が細くなっていきます。
そのため、リーマの径が加工する穴の公差より外れてしまった(または外れる一歩手前)場合はそのリーマは使用できない=再研磨できない と考えられます。

 

当ホームページの
リーマを再研磨するタイミングとは? リーマの寿命を延ばすための6つのポイントとは?
でも詳しく説明をしておりますのでご参考ください。

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を行っております。当社は、「切れ味の悪くなった工具を元の工具と同等もしくはそれ以上に“切れる”刃物とする」というポリシーのもと、コスト削減を刃物から実現することにあります。

切削工具の再研磨を検討されている方は、お気軽に再研磨.comにご連絡ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。