ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

お気軽にご連絡ください。

0294-52-1211

再研磨.com 用語集Vocabulary

ラフィングエンドミル

用語解説

ラフィングエンドミルとは、外周刃に波形の凹凸があるエンドミルをいいます。

ラフェングエンドミルは粗削り専用のエンドミルで、切削代も通常のエンドミルと比べると大きくすることができ、重切削を可能とします。

構造的には、外周のすくい面は通常のエンドミルと大きな変化はなく、外周の逃げ面が波状になっています。そして切削時には外周刃の波状の頂上部分だけが被削材と接触します。
そのため、摩擦面が少なく切削抵抗が抑えられ、波状の谷の部分は被削材との隙間ができるので切削油の浸透性が高く、切りくずの排出性にも優れています。

また、波状の刃の為、被削材との接触リズムが不定期で、ビビりや振れを抑える効果もあります。

いいこと尽くしのラフィングエンドミルですが、外周面が凹凸のため加工面は粗く、仕上げは別途工程を設ける必要があります。

 

ラフィングエンドミルの再研磨方法は、波状の外周刃は再刃付けすることは不可能のため、刃裏を外周刃の摩耗がなくなるまで研磨するか、使用した深さ(刃長)をカットして底刃を再刃付けします。

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を行っております。当社は、「切れ味の悪くなった工具を元の工具と同等もしくはそれ以上に“切れる”刃物とする」というポリシーのもと、コスト削減を刃物から実現することにあります。

切削工具の再研磨を検討されている方は、お気軽に再研磨.comにご連絡ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。