ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

お気軽にご連絡ください。

0294-52-1211

再研磨.com 用語集Vocabulary

面取りカッター

用語解説

面取りカッターとは、穴加工や加工品のエッジ部に面を施す刃具です。

面取りカッターを使うことで、穴開け加工後に生じたバリを取ったり、ネジ頭部が出ないように皿を作ることができます。

 

面取りカッターの材質としては、鋼、ハイス、超硬チップなどの様々な種類があります。

鋼製の面取りカッターは、木材には使用することができますが、金属の加工には向いていません。

またハイス製の面取りカッターは、木材からアルミ、薄い鉄板など大体の素材に使える硬度を持っていますが、硬すぎる金属には対応できません。

一方、超硬チップ製の面取りカッターは、耐摩耗性に優れているため、より硬い材質にも使用することができます。

 

再研磨.comでは、面取りカッターの再研磨を行った事例も多数ございます。こちらの面取りカッターの場合は、耐摩耗性を向上させるためにWD-1(H)コーティングを施しています。

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を行っております。当社は、「切れ味の悪くなった工具を元の工具と同等もしくはそれ以上に“切れる”刃物とする」というポリシーのもと、コスト削減を刃物から実現することにあります。

切削工具の再研磨を検討されている方は、お気軽に再研磨.comにご連絡ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。