ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

お気軽にご連絡ください。

0294-52-1211

再研磨.com 用語集Vocabulary

ドリル

用語解説

ドリルとは、回転させられることによって、物に穴を開け、切削を行う工具を指します。「ドリル刃」とも呼ばれ、回転軸を持ち、細長い形状をしている工具となります。このドリルというのは、一端が加工対象物を削る部分であり、もう一端がチャックによって固定されて動力を伝える部分で「シャンク」と呼ばれる部分となります。

当社が扱っている再研磨事業で扱っている工具というのは、切削側には金属製の刃があり、回転により加工を行います。チャックを固定するために使用するシャンクの形状は円柱形状がほとんどですが、最近では六角柱形状や、シャンクは同じで刃先のみを交換する工具などもあります。 対象物の材質(用途)や穴の直径によって、様々な分類がされている為、必要な加工内容にあわせてドリルを選定することがポイントです。

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を行っております。当社は、「切れ味の悪くなった工具を元の工具と同等もしくはそれ以上に“切れる”刃物とする」というポリシーのもと、コスト削減を刃物から実現することにあります。

切削工具の再研磨を検討されている方は、お気軽に再研磨.comにご連絡ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。