ドリル・エンドミル・リーマからコスト削減をご提案。再研磨の匠にしか出来ない技を貴社の刃物に。

(受付時間:18:00 〜 17:00)

0294-52-1211

再研磨.comへ よくある質問Question & Answer

スクエアエンドミルのコーナーは、ピン角とアタリ付きのどちらがいいですか?

Q
スクエアエンドミルのコーナーは、ピン角とアタリ付きのどちらがいいですか?
A

まず、ピン角はコーナーが鋭利で切れ味は良いですが剛性が落ちます。そして、アタリ付きはギャッシュでコーナーの外周刃をほんの少し落とすためチッピングに強くなりますが、切れ味がやや落ちます。また、アタリ付きはその落とした外周刃の箇所が若干径が小さくなるため、加工の隅の寸法が変わってしまいますので、寸法の厳しい加工ではアタリ付きは不向きとなってしまいます。

エンドミルのねじれ角が大きい強ねじれのエンドミルでは、すくい角も大きくなりコーナーの剛性が落ちますのでアタリ付きにすることが多いですが、アルミなど非鉄ではピン角にして、硬度の高い被削材はアタリ付きにするなど、被削材によって選択するといいです。

再研磨.comを運営する株式会社宮本製作所では、ドリルやエンドミル、リーマなどの切削工具の再研磨を行っております。当社は、「切れ味の悪くなった工具を元の工具と同等もしくはそれ以上に“切れる”刃物とする」というポリシーのもと、コスト削減を刃物から実現することにあります。

切削工具の再研磨を検討されている方は、お気軽に再研磨.comにご連絡ください。

再研磨.comのコンセプト

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所は、自社設備を用いて様々な製品提供が可能です。

再研磨.comのQ&A集

再研磨.COMでは、これまでにお客様よりいただいたご質問について質問集を作成し、掲載しています。

再研磨.comの用語集

再研磨.COMを運営する株式会社宮本製作所では、多数の加工実績を保有しています。