president_main

本日6月19日から三日間ビッグサイトにて

機械要素技術展に弊社も参加しております。

 

 

例年ですと初日は来場者が少ないとのことですが、

今日は10時の開場時間から多くの来場者です。

日立産業支援センター内ブースにて

弊社も再研磨品やら改造品の展示物を

展示させていたただいております。

 

 

実際、本当に工具に関してお困りの方も多く

再利用できずに、工具を捨てている会社もおられました。

また金属加工関係ばかりでなく、木材関係の方々や

様々なジャンルの会社の方のご相談があり

これからの弊社の取り組むべき課題も多々ありました。

 

 

 

日本ものづくりワールド 2013

これからの日本のものづくりに

多くの会社がジャンルを超え活躍している雰囲気が

実感する機会でもあります。

弊社のY君、 S君も広い会場を汗だくになって

パンフレットを配ったり、ブース内にて説明しております。

どうぞお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

安倍政権発足後、 雰囲気は良くなってきたように言われている。

円安により自動車業界も業績を伸ばし、回復基調と思われがちだが

我々下請けまでは、まだまだ恩恵は程遠い

 

大企業も次々に海外に生産拠点を移し、

国内産業の空洞化が危惧されている。

 

昨年10月、日立市の市長はじめ会社経営者の方々と

ベトナム視察旅行に行き、日本企業の現地での状況を視察させていただいた。

 

 

 

確かに、高コスト構造に悩み、グローバル化の時代に国際分業は自然な流れだと思う。

 

しかし、再研磨事業を始めてから様々なお客様との打ち合わせの中で

”日本でのものづくり” を改めて再認識しているところでもある

 

弊社は、機械切削加工を始めて52年めになる。

高度経済成長を支え、日本の技術力を支えてきた

 

それと同様、お付き合いを始めさせていただいた会社の技術力やニーズも様々で、

”今まで築き上げてきた日本人の技術力 ” を改めて感じている日々である。

 

この新しいご縁を大切に ”大量生産、大量消費” ではなく

”使えるものを大事に使っていくことをお手伝いする” ことが、

これからの再研磨事業の方向性であり、

”日本人の技術力を守る” ことが弊社の役割でもあると思っている

 

さて先日、東京ビッグサイトで行われた、

金属プレス加工技術展 2013 にいってきた。

 

 

弊社が購入予定の ”ZOLLER社の 測定器 ” の前で説明を受ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

より精度の高い品質を求めて日々精進しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日より開始いたします。まず、会社の池を紹介します。

金魚5匹(大きい方は体長20cm位、約10年くらいになる。)鯉1匹計6匹です。

前任者が退職後、わたしが面倒見てます。

 

5 / 512345